意識から離れません

さて、何故かは知らぬが、妙に脳裏でドゥクラッセという単語が反芻し、自分の意志を惑わせる。

そりゃ先日、知人と喫茶店で会話中、ドゥクラッセについて語り合い、盛大に意気投合、盛り上がった覚えはあり、未だ記憶に残る。

が、普段そこまで考える様なものでは無く、正直現状を信じられぬ。「そりゃよほど、私との会話が印象深かった。違う?」思い切って原因を、その知人へ電話で尋ねる。

「詳しい事は分らんけど、恐らく自分とのやりとりで、妙にドゥクラッセが脳裏に焼きき、離れねぇ状況かなと」ふーん、そっちは?貴女は大丈夫?

「大丈夫とか、別にドゥクラッセへそこまで固執、執着した覚えありません。元々これを話し出したんは君。こっちは受け手、聴き手側よ。あまり記憶へ残らん。聞き流してたから」

え、マジ?退屈過ぎやった?!「あ、つい本音をうっかり。退屈とかじゃなく、えっと...」ごめんね!「くっ。とにかく!暫く忘れろ!でねーと他の作業が出来ません」